平成28年2月14日(日曜日)から 3月28日(月曜日)まで各務原市にある、かがみはら航空宇宙科学博物館で、「ロケットペーパークラフト展」が開催されています。
展示される、ロケットのペーパークラフトは水戸市の天文車指導員の中川義通さんが作られたもので、すべて縮尺100分の1で作られているそうです。

ロケットのペーパークラフトと聞いて、今から40年以上前に祖父が私のためにアポロロケットを紙で作ってくれたことを思い出しました。
もしかして、紙工作好きは私の祖父の代から続いているのかも(笑)(ユキヒロ)